本文へスキップ
森林組合について事業内容販売・購買事業イベント紹介森林のおはなし森林のおはなしお問い合わせ
TOP > たかはら森林組合 > イベント紹介
イベント紹介

私たちの豊かな暮らしは、森林によって支えられています。


森林の駅 もみじ谷大吊橋
イベント紹介一覧

伐木造材研修

2015年 3月 6日
素材生産技術のスキルアップと安全性を高めるため矢板森林管理事務所主催、林業・木材製造業労働災害防止協会栃木県支部、たかはら森林組合、塩谷地区林業振興協会後援による伐木造材研修が行われました。

午前は県林防安全管理指導員 鈴木正計氏による労働災害防止に向けた心構え。
次に、世界伐木チャンピオンシップに日本チームテクニカルリーダーとして参加した小田桐久一郎師範による伐木造材スキルアップ研修。
ハスクバーナ・ゼノア(株)懸 毅史氏による日本伐木チャンピオンシップに基づく伐木造材練習法及び協議内容の研修が行われました。

午後は、たかはら森林組合の更新伐施業地で立木を使っての実技が行われ、当組合からは亀山君と滝元君が参加して日頃鍛えた腕前を披露しました。
伐木造材研修
伐木造材研修
伐木造材研修
伐木造材研修
伐木造材研修
伐木造材研修

役職員研修会

2014年11月21日
平成26年11月20日に、役職員研修会を行いました。
はじめに近くにある「バイオマスホフたかはら」に行き、チップ製造過程を見学すると共に t(トン)から ㎥(立方メートル)への材積換算を行いました。
その後、森林組合の会議室に戻り、矢板森林管理事務所 林業経営課 高岩課長の「森林バイオマスエネルギー利用に取り組む基礎知識」の講演をしていただいた後バイオマス用材を取った間伐実証発表及び素材生産経費削減に向けた研修を行いました。
これからも組合員の所得の向上に向け頑張っていきます。
役職員研修会
役職員研修会
役職員研修会
役職員研修会

シャープの森 植林下刈り作業

2014年11月10日
平成26年11月8日にシャープ株式会社、たかはら森林組合、森林所有者で三者契約をしているシャープ協働水源の森で植林及び下刈り作業が行われました。
参加者は、さわやかな秋空の元で心地よい汗を流していました。
作業の後に、今年の春に設置した巣箱をそっと覗いてみましたがまだ小鳥が入った様子はありませんでした。
これからも企業の森造り活動に協力していきたいと思います。
シャープの森 植林下刈り作業
シャープの森 植林下刈り作業
シャープの森 植林下刈り作業
シャープの森 植林下刈り作業
シャープの森 植林下刈り作業

宇都宮大学 総合実習

2014年10月 2日
平成26年9月29日に宇都宮大学 農学部 森林科学科の2年生40名がたかはら森林組合を訪れ、総合実習が行われました。
森林組合会議室で組合の取組について説明した後に皆伐の搬出現場と大径材の伐採現場を見てもらいました。
学生たちは大径木が倒れるのを見て感激すると共に多くの質問をしていました。
今後も宇都宮大学と連携を図りながら知識の向上に努めていきたいと思います。
宇都宮大学 総合実習
宇都宮大学 総合実習
宇都宮大学 総合実習
宇都宮大学 総合実習

栃木県森林組合の日 たかはら森林組合集会

2014年 8月28日
栃木県森林組合の日に合わせて、たかはら森林組合は林業の普及啓発を目的とした集会を矢板市文化会館に於いて開催しました。集会の参加者は林業関係者だけではなく一般の方々にもご参加いただき約200名の方にお越し頂きました。
集会の最初の演目では当組合の小川参事が「皆伐事業の必要性と皆伐補助事業」を説明しました。次の演目では宇都宮大学農学部教授の山本氏の講演「森林資源を活かす英知-たかはら山麓の頼もしい群像」で、我々の知らない「たかはら山麓」の歴史や魅力をお話いただきました。最後の演目では「女性の視点での森林資源のフル活用」と題して当組合の副組合長である東泉氏をコーディネーターとし、栃木県矢板森林管理事務所の日下部氏、弁護士の品川氏、(株)トーセンの角田氏、宇都宮大学教授の山本氏の4人の女性パネラーでディスカッションをしていただきました。
男性社会の強い林業で女性目線での林業を語っていただき、大いに盛り上がりました。

栃木県森林組合の日 たかはら森林組合集会
栃木県森林組合の日 たかはら森林組合集会
栃木県森林組合の日 たかはら森林組合集会
栃木県森林組合の日 たかはら森林組合集会
栃木県森林組合の日 たかはら森林組合集会
栃木県森林組合の日 たかはら森林組合集会
たかはら森林組合は、森を守り、地球環境に貢献します。
ページトップへ